必要とされる様々なオリジナル紙袋

紙袋を製作する側では、お客様に『持ちたい』と思わせることができるものを作りたいと考えています。魅力的なオリジナルの紙袋は様々ありますが、商品を購入したときに入れてもらうことで初めて見るものもたくさんあります。その中でも、後で使いたいものは保管し、安っぽいものや丈夫でないものは古紙として捨てられてしまいます。保管されたものは、見るたび・使うたびにどこの店のものかわかるため、店の名前や袋のイメージが頭の中にインプットされます。おしゃれでセンスの良いものは、どんな時に使用するかきめたりすることもまた楽しいものです。時には、セカンドバッグとして活用されることが多く、貴重品以外のものを入れて持ち歩くには便利なものです。バッグや服に合わせてコーディネイトすることができるので、ファッションの一部とも考えられます。製作する側としては、素材やデザイン、形や大きさにこだわることも無理はありません。

運搬のためだけではない商品です

ブランド商品を扱う店や老舗では、その袋自体が商品としての価値もつ物として存在します。企業や店では、運搬のためだけでなく、ノベルティやアニバーサリーのためにオリジナルのものを作製し使用することで、さらに名前を広める効果を出しています。もともと持ち運びに便利なものとして存在していた紙袋ですが、最近では広告塔としての役目を持つようになり、丈夫でセンスの良いものが選ばれています。袋自体の素材と取手部分の素材や形態、商品に合わせた大きさと形で、なおかつ持ちやすいものであることが重要です。デザインする人の感性と、必要とする多くの人の感性が合うことが必要とされます。業者は、そのデザインを活かすための技術と依頼された条件での作製をしてくれるところなのです。

希望するものを作製できる業者を

作製する側では、デザインや素材を重視し、いかに『持ちたい』と思わせるかを考えながら作っています。モダンで個性的なデザインも魅力的ではありますが、エコバッグの役目として持ち歩くものではシンプルで丈夫なものが好まれるようです。なかには買ってでも持ちたいと思えるようなものもあります。作り手にしても購入する人にしても、好みはさまざま、TPOによっても使用するものを使い分けたいグッズとして、いろいろなオリジナルの袋を必要としているのです。ロットも少数から受付可能な業者や、納期の短縮など様々なサービスの取り組みをしています。技術の進歩と納期の短縮が可能となった今では、高級感をだすことも丈夫なものを作ることも難しいものではなくなり、業者間の技術や仕上がりと価格が勝敗の決め手となっているのです。

フリーダイヤルにて、親切丁寧に電話対応をいたします。ご不明な点はお気軽にお電話ください。 当社の強みは、創業60年で培われたノウハウを活かしたパッケージの企画・提案力で、お客様のご要望に応じた製品を迅速に納品いたします。 50枚からの小ロット対応から数万枚までの大ロットまでしっかりと見積企画提案製造をします。 神奈川・名古屋・福岡からもアクセス可能です。 オリジナル紙袋の制作ならヤマゲン